日本ロッシーニ協会設立20周年記念ガラコンサート終了

日本ロッシーニ協会設立20周年記念ガラコンサートは一夜限りの豪華メンバーでした。
超絶技巧のオンパレードで歌手は大変ですが、ロッシーニの音楽って素晴らしい!
ワクワクと楽しくなるんですね。
本番中の写真撮影の余裕もなく、会長の水谷彰良さんの乾杯のあと打ち上げの様子です。
d0138678_18204934.jpg

出演: [ソプラノ] 天羽明惠/家田紀子/佐藤美枝子/高橋薫子/松尾祐実菜
[メッゾソプラノ&コントラルト] 富岡明子(メッゾソプラノ)/阪口直子(コントラルト)
[テノール] 上原正敏/中井亮一 
[バリトン&バス] 大石洋史(バリトン)/三浦克次(バリトン)/若林勉(バス)
[助演] 工藤翔陽(テノール)/田中大揮(バス)
[ピアノ] 金井紀子/稲葉和歌子
[ナビゲーター] 朝岡聡
曲目・演目:《アルジェのイタリア女》~二重唱「妻を娶る気になったのなら」、第1幕フィナーレ「お殿さま、旅立ちの前に」
 
《セビーリャの理髪師》~カヴァティーナ「町の何でも屋に道を開けろ」「今しがた一つの声が(今の歌声)」、アリア「中傷はそよ風です」、二重唱「それでは私なのね…」
 
《ラ・チェネレントラ》~六重唱「あなたなのですね?」
 
《泥棒かささぎ》~二重唱「どう涙をこらえたら!」
 
《オテッロ》~アリア「なんですと! ああ! 何をおっしゃるのです!」
 
《マオメット2世》~祈り「正義の神よ、このような危機にあって」、三重唱「このいまわの時に」
 
《湖の女》~二重唱「私は生きていられません」
 
《セミラーミデ》~カヴァティーナ「麗しく美しい光が」、二重唱「忠実な心を持ち続け」
 
《オリー伯爵》~三重唱「この暗い夜の助けで」
 
《ランスへの旅》~十四声の大コンチェルタート「ああ! かくも思いがけぬなりゆきに」


by norinori-opera | 2016-10-21 18:36 | コンサート関係

ソプラノ歌手                家田紀子 日々の出来事


by norinori-opera